何気ない日々、登山記録、記念日備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 木曽御嶽山

<<   作成日時 : 2017/10/12 17:03  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 9月29日(金) 仕事の後、御嶽山の前乗りで開田高原で車中泊をするつもりだった。食材を買い込んで自宅に帰り、さて、準備をしようという段階で全くやる気が無くなって中止。まあ、急激な冷え込みがあったから止めといてよかったような。
 9月30日(土) 準備をして出発。開田高原を抜けて岐阜県側、胡桃島ロッジから「五の池小屋」、「摩利支天」を目指すつもりだったが、、、やはり出発が遅くなり時間的にもかなり厳しそう。一応、登山口まで行って確認をしてみた。「遠い…」、自宅から約2時間余りというところか。
 「チャオ」スキー場がすぐ近く、乗鞍岳がきれいに眺められる。
画像


画像


画像


 「御岳ロープウェイ」まで足を延ばすも、ロープウェイにも乗る気になれず、帰宅。

 それでも何か運動をと思い、高遠から「千代田湖」を目指す。キャンプ場の様子が知りたかった。
 高遠から杖突峠に向かい、藤沢の集落を越えて、左手に「蛇王鉱泉 咲乃湯」の看板を過ぎたらすぐの右手、「信州高遠政少年自然の家」方面へ曲がる。山道をくねくね上り「青少年自然の家」手前で右に入り、暫くすると「千代田湖」到着。
湖自体は小さくて、池or沼のレベル

画像

 
 道路左手に「千代田荘」があり、その横の駐車場は千代田荘利用者専用。
画像


 道路を隔てて湖側は数台停められそうだった。更に100m程進んだ右手には、キャンプ場利用者の駐車場があった。
画像


 湖畔はなだらかな傾斜あり、ここら辺が無料サイトみたいだがテントを張るに都合の良い平坦地は殆どない。
画像


画像


 炊事場付近にわずかに平坦地があるが、通路になりそうな雰囲気。
画像


 少し離れた林間は有料のサイトの様だが、草が伸びていたり枯葉があったりで??の感じ。ただ、バーベキューの窯がたくさん並んでいた。
 
画像

画像


 ひとしきり様子を探った後、車に乗り込んでさらに奥へ進む。「入笠山」方面の案内に従い山道を進むのだが、すれ違いが困難な1車線道路。こんな山の中に、と思うのだが入笠山からの帰りか、何台も車とすれ違う、冷や汗。峠道を10km以上進むと標高は1500mを越えてくると思われ、入笠牧場に到着。で、マナスル山荘前の「御所平峠」駐車場に到着。やはり車でここまでくる人もあり(子供連れが多いようだ)、数台の車が停まっていた。
画像


 登山にはならないけど、ほんのちょっとの散策として、ここから山頂まで歩くことに。岩場コースで登って15分、山頂到着。
 さすがに遅い時間、登山客も少なめ。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


 チャッチャと写真を撮ったらすぐに下山、巻道コースで下る。全ての行程で30分のお散歩でした。

 帰りは来た道を戻る。杖突街道まで戻ったら、すぐ近くの「咲乃湯」へ行ってみよう。街道からすぐと思ったが意外と山の中に入る(距離は少しだが、山際の土地なのですぐ山の中)、で、ドンとありました。予想外に車が4台ほど止まっていてびっくり。
画像


 女将さんに招き入れられて入浴料600円を払い、別棟のお風呂へ。冷たい鉱泉を沸かしているので、発泡スチロールの蓋をよけて入る。お湯は温め、「日本一の濃度の水素イオン」??が売り文句みたい。先客1名、少し世間話などをしながらのんびりと漬かっていたら、団体客が入場、5名ほどの団体さん。お話を聞いていると、こちらで宴会をやるのかな?場合によっては泊りも受け入れるのかしら?おそばも売りみたい。
 のんびりとした土曜日を過ごして帰宅した。

 今度はゆっくり食事がてら寄るのもいいかも。コース的には守屋山ハイキングの帰りが良いかな。

 翌日10月1日(日)、終日ゲームなどをしており、夕方になってそれでも少しは運動しようとランニングに出るが、前週の駒ヶ根ハーフマラソンの後遺症で、両太ももが肉離れのような痛み、とても走れたものではない。3km程の散歩にして諦めた。

 10月21日(土) 台風接近中で雨。そして前線の影響もあり、1週間ほど降りっぱなしのこの頃。昨シーズンは北横岳の雪斜面が、チェーンスパイクが効かずに苦労した。6本刃の軽アイゼンでも買おうかと「カモシカ」へ行く。迷って、結局モンベルまで足を延ばし、10本刃の軽アイゼン。前歯は靴の先端より内側だし、刃の長さも短いので、あくまで軽アイゼンレベル。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
木曽御嶽山 何気ない日々、登山記録、記念日備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる